漫画家風の人のブログ

漫画描き十神真の日々 禁煙9年目…かな
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ローガン

老眼気味です。

なんか疲れてる時は特に近くの物にピントがあわなくなってまいりました。

 

背景で細かい所描いたりがあるわけです。サイズで言うと2.5cmとか3cmくらいの長さの

バスとか描いたりするんですけども、見えないんですよね、ピントがあわなくて。

 

想像以上に老眼と言うのは厄介だなぁと。

 

で、百円ショップで買った度数1.0の老眼鏡なんぞかけて描いてみたりしました。

見える…見えるぞ、ふぃー…と原稿用紙から目をそらすと

グラぁっと世の中歪んで揺れたみたいになりますね。

近くの物を見る時は老眼鏡いいんですけど、近く以外の所を見るなら、一度はずしてからでないとキツイ。

 

よくドラマや漫画で老人がメガネを鼻にひっかける感じで、

本を見る時はメガネのレンズ越しに、人を見る時はメガネを通さず見たりってのありますが、

あれはこういう事だったのだなぁと。

手元は老眼鏡がないときついが遠くを見る時老眼鏡越しはやはりキツイ、そんであんな形に…。

なるほどなぁと。

 

 

しかし不便だ。

メガネが不便というよりは老眼鏡の特性が…。

 

何とかならんかなぁ、これ。

石坂浩二がCMしてた、なんかメガネ型のルーペとかどうかなぁ…。

ちょっと試してみるかーと気楽に数千円出せないから、ちょっとどこか店頭にあったら試してみたい。

- | 20:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
さらばレーザー

で、いよいよ寿命な感じのレーザープリンターを今日は

自治体のごみ処理場に持ち込んだわけですが、まさかの受け取り拒否…。

 

家庭用のゴミの持ち込みに限るワケですが、レーザープリンターは

家庭ごみにカウントできないと。家庭から出るプリンターっつーのはインクジェットのやつで

トナーのレーザープリンターは産業廃棄物扱いだと。

 

ゴミ出してスッキリするつもりが一旦帰宅して処理場で教えてもらった処理業者に連絡して

持っていくことに。

 

なんだかんだでプリンタは処分してもらったわけですが(有料で)これで時間取られましたね、今日は。

 

 

捨てるのに一手間&費用がかかるとなると、なんかまたホイホイとレーザー買う気にはならんですね。

やはりしばらくは適当にごまかしつつやっていこうかと。

 

それにしても長い付き合いだった、あのプリンター。

13年弱くらいっすかね。よくもったわ。うん。

さらばcanon・LBP-1420…また逢う日まで。

 

って会うワケないんすけどもね。

- | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
そりゃそうだなぁ…と

背景をセコセコ描いてますがなかなか進まないっす。

 

まぁよく考えてみるとそれもそうかなぁと。

 

一本40pの漫画を今回三本やる長丁場なので、

以前ふだじょとかパチスロ漫画とかやってた時みたいに半月くらいで20p描いて仕上げていく…と

大雑把に考えておりましたが、

一本の漫画のうち背景が多いのって大体前半なんすよね…。

 

キャラがどこにいるのか、どんな所が舞台なのかを見せるのは最初の方が多かったりするので

(いや、展開次第で後半にもたっぷりな感じになることもありますけども)

わりと前半の方が背景多くて、

サービスシーンとか多い漫画だったりすると特に後半の方は背景が少ない傾向にありますな。

 

そこまで計算せねばいかんかった。

大雑把すぎた。

きっちり20pごとでーなんて、それぞれの仕事量考えてなかった自分にちょっと驚きますわ。

 

アシスタントさんとか使ってたらきっと考えてたんだろうなー。どんだけ入ってもらって

どんだけ描いてもらうかをまず考えないといかんですからね。

1人で良くも悪くも大雑把に…いや、良くも悪くもじゃないな、悪いな。普通に。

 

 

まぁ頑張ります。

 

 

最近仕事中は海外ドラマ「ブレイキング・バッド」をひたすら流してたりします。

何度も見てるので画面見なくてもわかるので。

 

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「仁義なき戦い」「ゴッドファーザー」「ブレイキング・バッド」

「四畳半神話大系」…その辺が多いでしょうかね。

なんか内容的に危険なものが割合多いかな。

- | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
体調悪し

なんか急に気温が低下したせいか

今日は午後少し寝込む感じで。

 

しばらく休んだら復活しましたが、なんですかねぇ、歳ですかねぇ。

 

今日は確定申告が片付いた感じで。

 

 

子どものインフルとか確定申告とか

自分の体調不良とか、なんだかんだで

スケジュールは大幅に狂ったワケですが、何とか三月調整したいトコですわ。

 

 

気が付けば来月からまたアニメが始まるのか…

結局録画するだけして見てないアニメとかばかりだ…。

 

ポプテと伊藤潤二コレクションくらいかな…ちゃんと継続してるアニメって…。

 

ダーリン・イン・・ザ・フランキスとか、からかい上手の高木さんとか

全部録ってあるけど一話みたくらいで、なんかどんどん溜まっていって

義務だけ積み重なっていく感じがしてツラい。

こうなるとそのうちただのストレス源って感じなってしまって消去してしまうかもなぁ…。

 

ノルマになってしまうと娯楽でなくなってしまう。やはりため込むのはいかんですね。

- | 20:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
のび太の宝島ー

長男と映画ドラえもん「のび太の宝島」観てきました。

 

ネタバレとかはしませんです。

普通の映画だったらね、これから観る人もいらっしゃるので

そういう方に先入観を欠片も抱かせないように何も言わないのですが、

まぁドラえもんなら…とか思ったりはしますね。

 

俺のブログをチラ見に来る人がドラ映画なんぞを楽しみにしてて、

俺のブログなんぞ見て

「ああーーこれから観に行くのに余計なこと書くなよな、この耳毛とか白髪とか気にし始めたクソデブが」

なんて思う人はそういないとは思いますが。とりあえず程々にしておこうかと。

 

あ、そういう人はもう読まないでいただいて…。

 

 

 

色々と穴や説明不足とか気になる所もありましたが、

今回のドラ映画は俺採点だと結構ポイント高めです。

 

昨年の南極カチコチが「ええぇぇぇー…、宇宙英雄記や奇跡の島よりはマシかもだけど…」くらいな評価だったので

あまり期待せず観に行ったんですが

俺はポイント高いです。

 

 

これ以上は言わんですが。

 

 

しかしホント、うちの息子はもう中一なのにいつまで俺と

ドラえもん観に行くんだろうか。

俺はドラ映画を劇場に観に行ったのって小6が最後で、それも小4くらいからは一人でバス乗って

劇場行って一人で見てたけども。

 

まぁしかしこれで息子が「もう父さんとドラえもんは…いいかな」とか言い始めたら

それはそれで寂しい気持ちになるという、親というのはそういう生き物な感じしますね。

 

- | 19:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
インフルは

発症しませんでした。

 

 

もう完全に感染しましたので、こりゃヤバいなぁと思っておりましたが

普通に潜伏期間も過ぎて、発熱しなかったので、これはもうクリアしたなぁと。

 

 

水曜辺りに体の調子は不自然ではあったのですけどもね。

なんか体の表面が痛いというか…。

風邪とかの時の節々の痛みっぽいのが、皮膚のあちこちで起きてるような感じというか。

なんかヒリヒリ痛かったりしましたね。

あれはたぶん俺の体が病原菌とバトルをしてた痛みではないかなぁとか勝手に思ったりして。

 

とにもかくにも良かったです。

発熱したら数日何もできないですし。

他の家族も発症しなかったし。

 

まぁそんなこと言って数日したら別の感染源から頂いたやつにかかってる可能性もありますけどもね。

 

 

昨日今日とすごい暖かくて、春が来た感じしますな。

まぁまたしばらくしたら寒くなったりするんでしょうが。

 

そろそろですね。奴らの活動が再開されます。

ゴキブリどもを早くに殺害するように、そろそろ置き型殺虫剤を買っておこうかと思いますわ。

- | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ちょっとした

ちょっとした時限爆弾を抱え込んだ気分です。

 

 

下の子が発熱しまして、医者に行ったらインフルエンザB型だと。

 

・・・・・・・・・まいりましたね。ここに来て。

もう春も近くなってきた感じで、この冬はインフルエンザこなかったなーと思ってた矢先でした。

やはり幼稚園から来ましたね。インフル。

 

満員電車とか会社とか人混みではなく、学び舎!ここが一番のウィルスの感染現場ですよ。

まったく困ったものです。

子どもが貰ってきたら家族全員かかりますがな。

俺も発症するんかなーとヒヤヒヤですよ。絶対もう感染してるし。

だから週の後半にいつもやってるロトナン四コマ作業を前倒しで仕上げて昨日送りましたわ。

 

もうねぇ…教育現場でのインフルの扱いはそろそろ考えないと社会的経済的損失が甚大ですよ。

家族にインフルエンザが出たら4日は登校禁止にすべきですね。外出ももちろんなし。

そしたらだいぶ感染減ると思うなぁ。潜伏期間考えたら4日以内に発症する奴は発症するし。

 

予防接種とか別にしなくていいんですよ。

感染した人とその一家が極力外出しなければそれで相当防げるわけですから。

日本人はねぇ…小学校とかの時点で、「来れるなら学校に来るべき」みたいな風潮やってますからね。

だから大人になってもインフルエンザ発症しながら会社に行ってあちこちにウィルステロをやらかしてしまう

ダメな頑張り屋さんになってしまって結果インフル大流行になるわけで。

死人が出ることが珍しくない大変な病気なんだから、家族がかかったら蔓延させないために全員しばらく休めばいいんですよ。

 

 

思うに日本人は昔から、「欲張らず、コツコツと努力すると幸せになる」と信じ込まされてる生き物ですから

こんな、マジメが引き起こした悲劇みたいなのが生まれるワケですよ。

 

昔話なんて大体そんなですわね。「欲張らない」「真面目に生きる」「努力する」そうすると幸せになると。

あんなん、農民が一揆起こさずにしっかり年貢おさめるためのプロパガンダに作られたのじゃないんかなぁ。

それらの教訓話が蔓延して、誰が喜ぶって支配層ですからね。

今だったら人を雇用する側で、たいして汗水たらさずに大金を頂いてる経営者側に都合のいい教訓話ですものね。

こんなんに騙されたらいかんですよ。馬車馬養成昔話ですよ。

 

そんな昔話に囲まれた生きてきた日本人は「真面目に大変な努力をしないと幸せになれない」とどこか思っておって、

結果、人の迷惑を考えない間違った頑張り屋さんが量産されてしまってるのではないんすかねぇ。

 

休めばいいんですよ。休めば。

無理すれば死ぬんだから。

インフルエンザになりつつも「マジメにコツコツ努力」したって疲弊して死ぬリスク上がって、人に感染させるだけで

誰も幸せにならんのに…。

 

 

最近の日本人の無理しすぎは、実は伝承文学の中にあるのでは…。

そう思い始めたトガミでございます。

- | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
まだまだ艦これ

仕事しつつ艦これのイベント進めてます。

 

なんだかんだこれくらいですね。ちゃんとやってるゲームは。

ブラウザゲーは気楽でいいです。

 

据え置き機はいつぞやPS4なんぞ導入しましたが、あまりそちらはやってないです。

「ニーア・オートマタ」やりたさに無理して買ったんですが、ネームやらで一度中断すると

なかなか再開しません。

艦これはなんか思いついた時に適当にできるのでいいですね。

 

 

艦これも別にね、特別難しいところを頑張ってクリアするような頑張り屋なことはせず

とにかく新規艦娘を集めるだけに執着してる感じで。

今回はE1甲、E2E3を乙、E4丙で終えて、一時中断して資源回復中。

 

E4丙で掘り始め、新しい駆逐Jervisと海防艦大東が10回以内に来るという意外にあっさりな展開で良かったんですが、

さて乙にしてクリアしておこうかなと思ったら乙での道中大破率が高くて削り中にかなり資源食って

「これは沼る可能性が高い」と判断して丙にまた戻して割りました。

ここでムキになると完走できなくなったりもするので。

 

 

そんなこんなしながらペン入れもしとります。

今回は長丁場な仕事ですが、とりあえず20pずつやって仕上げて、次の20p…みたいな感じでやっていってます。

パチスロ漫画とか、スピンやふだじょをやってた時みたいな半月で20枚くらいのペースでやれたらなぁと。

 

そんなこんなしてるどこかでトップ絵も代えたいですけどもね。

もう春に近づいてるのに迎春な感じなのはやはりアレなので…。

- | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
もうここらでよか

もう限界が来たようですね。モノクロレーザープリンターの。

 

 

去年の今頃も同じようなことを言ってたようなんですが、だましだまし使っていたのですが

今回トナーの転写部分がまたダメになり、

「トナー交換すればまだいけるかもしれんが、印刷品質とかモロモロ考えると廃棄が妥当か」と。

 

 

調べてみたらこのキャノンのプリンターが我が家に来たのは2005年の5月13日とわかりました。

2005年…。

一度漫画の世界から消えて、しばらく警備員して…そんで先輩のご厚意で紹介いただいたおかげで

当時出ていた小学館さんのビックコミックビジネスという季刊雑誌でやらせていただいて、その頃ですね。買ったの。

 

当時赤子だった息子の口からトーンの切れ端が出てきたことで「デジタル化する!」と決意して

コミスタ買ったりプリンター買ったりスキャナー買ったりしたわけですが。

あれからもうじき13年か…恐ろしいだす。

 

しっかしあれですね。13年近く使ったんならもうお役御免でいいかなぁとやはり思いますね。

しばらくはインクジェットとか、セブンイレブンのマルチコピー機をプリンターがわりにしてもありかもなぁとか

色々思っております。

なんせデカいですからね、A3のレーザーというのは。サクッとまた買うぜーって軽いノリではいかんかなぁと。

今度ゴミ処理センターに持ち込もうかと思いますわ。大きさ的に粗大ゴミに分類されるでしょうから。

 

ありがとう。モノクロレーザー。

 

紙が入ってるのに「カートリッジに用紙がありません」って出てブチ切れて

この重いプリンターが軽く浮くくらい蹴っ飛ばしたこともありましたが。

 

ごめん。ありがとう。

 

 

さてさて、とりあえず仕事の方はですね。

えーっとこれから2、3か月原稿作業をする感じになりました。120pくらいです。

つっても連載と言うわけでもなく、なんか書き下ろし単行本とかが出るわけでもない感じで。

また世に放たれる時に告知させていただきたいと思いますです。はい。

- | 16:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.