漫画家風の人のブログ

漫画描き十神真の日々 禁煙9年目…かな
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
蕁麻疹

またも蕁麻疹に悩まされておったりします。

ストレスのせいですかねぇ…。毎日出ますね。

処方された塗り薬を塗る日々です。

また皮膚科に行って飲み薬を貰うのもありかと思いますが…

結局根本的な治療ではないので、ちょっと時間もそんなないので

躊躇しとります。

 

 

さてさて何とか時間を少し見つけては今期のアニメの一話目とか見たりしました。

とりあえず…

「魔法少女サイト」「されど罪人は〜」「ウマ娘」「ヲタクに恋は〜」「LOST SONG」

「多田くんは〜」「鹿楓堂よついろ日和」「甘い懲罰」「立花館〜」「重神機パンドーラ」

「Butlers」「デビルズライン」「実験品家族」「ニル・アドミラリの天秤」「あっくんとカノジョ」

「ラストピリオド」

・・・は一話または二話で挫折しました。

10分くらいでツラくなったモノも多いですねぇ…。

 

一話目二話目見て、とりあえず見続けるかーってのは「ヒナまつり」「カリギュラ」あたり。

「3D彼女」はたぶん途中で観なくなるだろうなーって雰囲気。

まだルパンとかゴールデンカムイとか色々見ないといかんですが

何せ仕事が遅れていて蕁麻疹が出るくらいですので

程々にやっております。

上のを一話だけ見るのだって本当に時間かかったし。

 

早く仕事進めないと…全身が蕁麻疹になってしまうわぁ。

 

 

のんびりと娯楽を楽しむ時間とか取った方がストレスとかにはいいんでしょうけど

それがなかなか上手く取れないんすよねぇ…。

仕事が遅れてるのに休んでる場合かよ…って思っちゃうタイプなので。

 

不器用が漫画なんて描き始めるもんじゃないですね。

- | 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
宮崎アニメ中毒

「メアリと魔女の花」をレンタルで見ました。

本当は劇場に観に行こうと思っていたものであったのですが、なかなか見れずにおりました。

 

個人的には、小粒な感じだけど良いアニメと言う印象。

 

米林監督の芝居はちょっとしっくりこないことが多いのだけど

まぁ許容範囲かなぁと。

ちょっとギャグのようなものがおとなしすぎたり、

細かいとこが引っ掛かったりするんです。

 

なんか、夜に窓がガタガタと揺れるシーン、何ごとだとメアリが窓を開けると猫が飛び込んでくるわけですが

開ける前にちょっと外がどうなってるか一瞬見ようとするしぐさとか入れてほしい。

いきなり開けるのはなんか違うかなぁと。

そして何かに恐怖か興奮してる猫をそのまま抱きかかえようとするのもなぁ…

あーゆー時の猫は気が立ってて危険なので…自分の飼いネコじゃないからよけいに…

いや、まぁそういう大雑把な子なのだという演出だと言われたらあれなんですが。

 

全般にキャラクターの味付けというか、キャラ付けが薄くて見えにくいんですよね。

ただ米林さんのやる薄らとしたキャラの肉付けが、実は児童文学をそのままアニメにするってことには

彼のやり方の方が結構しっくりくるのではないかと、なんかマーニーの時も思いましたが。

 

マンガ的なオーバーなキャラ付けをして、ド派手な演出を入れて、原作はしょせん原作とアレンジしまくるってのが

児童文学のアニメ化に絶対必要なのかと言ったらまぁ違うと思うんですよ。

彼のゆるい感じの方が、児童文学一冊読んだ時のような、あの感じに近いのではないかなぁとか。

 

やはりジブリ出身の監督で、スタッフも八割が元ジブリとなれば、やはり似てくるのは当然なんですが、

あちこちに宮崎アニメの過去の断片が垣間見れましたね。

それが嫌だと言う人は多いでしょうが、俺はまぁそんなに気にならず。

 

 

ちょっとあちこちでレビューをザッと眺めてみましたが、いややはりいますね

「過去の宮崎アニメ中毒者」が。

宮崎アニメに似てる点を見つけては、それがあることに嫌悪して、作品そのものを否定しがちというか…。

 

私の世代や、その前後に特に多いのかもしれんのですが、初期の宮崎アニメに衝撃を受けた世代ですかね。

カリ城、ナウシカ、ラピュタ…まぁ未来少年コナンとか入れてもいいかもしれんですが

その辺で衝撃を受けた人たちは、あの時の衝撃をもう一度待ってるんですよね。

ラピュタを見た時のあの高揚、ナウシカを見た時のあの興奮…それをジブリ、またはそれに似たものに求めてしまう。

それもかなり病的にです。

ジャンキーと言ってもいい。

 

どれくらいジャンキーかって、ポニョの時に

あれほど公開前に情報が出て、「4歳5歳くらいの子供に向けた宮崎流動く絵本」だとわかってたはずなのに

劇場に行って、ナウシカやラピュタのような高揚感が得られなくてガッカリしてる大人がいっぱいおって…。

なんでしょうね、「次の授業は英語だよ」ってさんざん言われてるのに水着に着替えてプールで整列してる馬鹿と

同レベルのことをね、普段は分別のある大人がね、宮崎アニメからみだとやってしまうんですよね。

そして大好きだった宮崎駿に「ガッカリ」と強烈な烙印を押してしまう。

それくらい中毒。

 

そういう人は米林さんのとかで、ジブリっぽい・宮崎っぽい…ながらも違う物に人一倍ガッカリする傾向があるかなと。

オマージュのようなものを見つけるとそれだけでなんか怒りますね。

偽物を見せられてるみたいに感じるのか怒りますね。

「宮崎駿がやってたみたいにやれないならやるな」と。

基準が宮崎さんなのですね。

 

僕的には宮崎さんと言う人は文学をベースにしてアニメにするという点では少々難ありな気がしているので

米林さんのアッサリめの演出と表現で児童文学をやるのは、その方がむしろありなのではと思ったりもするのですが。

宮崎アニメ中毒者にはそんなのはどうでもよくなる感じにうつるかも。

 

宮崎アニメ中毒にかかってしまうと、高畑アニメがジブリのブランドで世に出るのも嫌ったりする人います。

そういう人は今回の高畑監督の訃報に「過大評価されたおっさん」みたいなことを平気で言う。

あの人のアニメ界での功績を知っていればそんなこと絶対言えないんだけど。

っつーか僕は「となりの山田くん」の評価がかなり高いんですけど、認められんなぁ…。

昔感じた宮崎アニメの興奮をもう一度味わえないジブリなんてジブリではないとでも言わんばかりに

高畑さんや、宮崎さん本人まで攻撃したりね、作品によっては。

 

とにかく症状の軽い重いはあれど、この宮崎アニメ中毒は大変です。

自分が興奮した宮崎アニメのワンダーな部分をいつも追いかけて、あれをもう一度と、ヤク中みたいに求めて

違うと狂ったように怒ってしまう。

 

自分の中にもそういう部分がもちろんあるのでこうやって書いてますが、これ厄介ですよ、ホント。

1つの作品を評価するのに、すでにスタートからまったく公平な目を持っていない。

 

 

米林さんもジブリ畑で育った人なので、作り手として宮崎アニメ中毒。

そこからどう抜け出して個性を出していくかが大事になってきますね。

そして、ジブリアニメの断片を米林アニメに見つけて怒ってる多くの人たちもまた宮崎アニメ中毒。

大変不幸な出会いというか、どちらも宮崎アニメからの決別(見なくなるとか嫌いになるとかじゃなくて)が必要かなぁと。

 

まぁそんなしょーもないことをメアリ見て、レビューのいくつかを見て思った豚でございます。

- | 09:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
蕁麻疹

書けないですね、蕁麻疹。

じんましん。

 

ええ、最近よくじんましんが出るんですわ。

参った…。

じんましんなんて俺の人生で無縁だったんですが、この春は痒いなーと思ってみてみるとボコボコっと

奇怪な脹らみが…。

 

ストレスですかね。

 

ええ、まだ我が家では春休み前に息子が貰って来た風邪が猛威を振るっており、

そして春休みは今日までという…。

おかげでというか、色々と原稿の進みが悪うございまして、

そのストレスでどうもじんましんが出てるみたいですわ。

 

早く…巻いていかねば。

 

 

 

以前老眼鏡がしんどいのでメガネ型のルーペが欲しい的は話をしておりましたが、

モデラ―の友人が使ってないヤツを送ってくれました。

これは面白い。

便利とかどうこうよりも面白いですね。大きく見えるの。

2.5倍のレンズと言うことで、細かい背景とか小さい人物描く時にイケそう。

普段の下描きの時とかにはもっと浅く広くな感じが欲しいのでそのうち1.6倍とかその辺のを

導入してみようかと。

しっかしホント急に眼に来るようになったなぁ…。

老眼っつーのはもう20歳とかその辺からゆーーーーっくり進行していってるらしいですが、

もうちょっとゆっくり来てくれたらよかったのに…。

自覚症状が出てきてからまた進行が速いような感じがしますですよ。

 

 

さてさてもう四月ということで、

速い…。正月のトップ絵何とかしないと…何とか…

いや、それにしても仕事が遅れてるし…

あ、またじんましんが…。

- | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
数日

数日、奥さんの実家に行っておりました。

 

あちらに行くと家事から解放されるので体休められます。

仕事はいっそう進まなくなるわけですが、とりあえず休養と言うことで。

 

しかし小学生息子が終業式前後にもらってきた風邪が猛威をふるっており

結構大変な感じではありました。

 

行く前から咳きこんだりしてたんですが、実家に行ったら咳がひどくなり、

夜中ずっと咳。咳止め飲んでもあまり止まらず、そこそこ止まっても咳止めの効果が切れる午前三時ごろから

ずっと咳。

そのせいでこちらは寝不足…。

「明日は神奈川に戻るぜ」ってなってた昨日夕方から奥さんが発熱。俺も発熱。下の子も発熱。という…。

俺は朝起きたら熱は下がってましたが、奥さんは高いまま。

しかし神奈川には戻らないと…ってことで、奥さんは薬飲んで助手席でグッタリ。下の子も熱は下がったモノの

元気はなしで。俺がとにかく運転頑張る感じで、戻ってまいりました。

 

そしたら下の子が夕方からまた発熱。38度5分。

小学生息子の咳のせいで家族みんな大変ですわ。そしてまだあいつは咳きこんでいるという…。

どんだけ咳でるんだ、今の風邪は…。

 

っとに…なんでこんな風邪うつしてくれたかなぁ…。風邪うつしたやつを突き止めてなんかしてやりたいですよ。

マジ卍ですよ。

ええ、意味もわからず使ってますけどもね、

「マジでそのクソガキの肛門を卍の形に切り開いてやる!」

って意味で使ってますけどもね、今日は。

 

まぁとにかく想定外だったなぁ…この風邪は。

暖かくなってきて桜も咲いて、風邪とか…ないわぁ…。

しょうがないんだけどねぇ…。

俺もまだ節々痛いですし。養生しますわ。

 

あー…もう家族全員風邪治る頃には始業式ですよ。

春休みが風邪ばかりで終わりそう。

- | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ローガン

老眼気味です。

なんか疲れてる時は特に近くの物にピントがあわなくなってまいりました。

 

背景で細かい所描いたりがあるわけです。サイズで言うと2.5cmとか3cmくらいの長さの

バスとか描いたりするんですけども、見えないんですよね、ピントがあわなくて。

 

想像以上に老眼と言うのは厄介だなぁと。

 

で、百円ショップで買った度数1.0の老眼鏡なんぞかけて描いてみたりしました。

見える…見えるぞ、ふぃー…と原稿用紙から目をそらすと

グラぁっと世の中歪んで揺れたみたいになりますね。

近くの物を見る時は老眼鏡いいんですけど、近く以外の所を見るなら、一度はずしてからでないとキツイ。

 

よくドラマや漫画で老人がメガネを鼻にひっかける感じで、

本を見る時はメガネのレンズ越しに、人を見る時はメガネを通さず見たりってのありますが、

あれはこういう事だったのだなぁと。

手元は老眼鏡がないときついが遠くを見る時老眼鏡越しはやはりキツイ、そんであんな形に…。

なるほどなぁと。

 

 

しかし不便だ。

メガネが不便というよりは老眼鏡の特性が…。

 

何とかならんかなぁ、これ。

石坂浩二がCMしてた、なんかメガネ型のルーペとかどうかなぁ…。

ちょっと試してみるかーと気楽に数千円出せないから、ちょっとどこか店頭にあったら試してみたい。

- | 20:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
さらばレーザー

で、いよいよ寿命な感じのレーザープリンターを今日は

自治体のごみ処理場に持ち込んだわけですが、まさかの受け取り拒否…。

 

家庭用のゴミの持ち込みに限るワケですが、レーザープリンターは

家庭ごみにカウントできないと。家庭から出るプリンターっつーのはインクジェットのやつで

トナーのレーザープリンターは産業廃棄物扱いだと。

 

ゴミ出してスッキリするつもりが一旦帰宅して処理場で教えてもらった処理業者に連絡して

持っていくことに。

 

なんだかんだでプリンタは処分してもらったわけですが(有料で)これで時間取られましたね、今日は。

 

 

捨てるのに一手間&費用がかかるとなると、なんかまたホイホイとレーザー買う気にはならんですね。

やはりしばらくは適当にごまかしつつやっていこうかと。

 

それにしても長い付き合いだった、あのプリンター。

13年弱くらいっすかね。よくもったわ。うん。

さらばcanon・LBP-1420…また逢う日まで。

 

って会うワケないんすけどもね。

- | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
そりゃそうだなぁ…と

背景をセコセコ描いてますがなかなか進まないっす。

 

まぁよく考えてみるとそれもそうかなぁと。

 

一本40pの漫画を今回三本やる長丁場なので、

以前ふだじょとかパチスロ漫画とかやってた時みたいに半月くらいで20p描いて仕上げていく…と

大雑把に考えておりましたが、

一本の漫画のうち背景が多いのって大体前半なんすよね…。

 

キャラがどこにいるのか、どんな所が舞台なのかを見せるのは最初の方が多かったりするので

(いや、展開次第で後半にもたっぷりな感じになることもありますけども)

わりと前半の方が背景多くて、

サービスシーンとか多い漫画だったりすると特に後半の方は背景が少ない傾向にありますな。

 

そこまで計算せねばいかんかった。

大雑把すぎた。

きっちり20pごとでーなんて、それぞれの仕事量考えてなかった自分にちょっと驚きますわ。

 

アシスタントさんとか使ってたらきっと考えてたんだろうなー。どんだけ入ってもらって

どんだけ描いてもらうかをまず考えないといかんですからね。

1人で良くも悪くも大雑把に…いや、良くも悪くもじゃないな、悪いな。普通に。

 

 

まぁ頑張ります。

 

 

最近仕事中は海外ドラマ「ブレイキング・バッド」をひたすら流してたりします。

何度も見てるので画面見なくてもわかるので。

 

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「仁義なき戦い」「ゴッドファーザー」「ブレイキング・バッド」

「四畳半神話大系」…その辺が多いでしょうかね。

なんか内容的に危険なものが割合多いかな。

- | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
体調悪し

なんか急に気温が低下したせいか

今日は午後少し寝込む感じで。

 

しばらく休んだら復活しましたが、なんですかねぇ、歳ですかねぇ。

 

今日は確定申告が片付いた感じで。

 

 

子どものインフルとか確定申告とか

自分の体調不良とか、なんだかんだで

スケジュールは大幅に狂ったワケですが、何とか三月調整したいトコですわ。

 

 

気が付けば来月からまたアニメが始まるのか…

結局録画するだけして見てないアニメとかばかりだ…。

 

ポプテと伊藤潤二コレクションくらいかな…ちゃんと継続してるアニメって…。

 

ダーリン・イン・・ザ・フランキスとか、からかい上手の高木さんとか

全部録ってあるけど一話みたくらいで、なんかどんどん溜まっていって

義務だけ積み重なっていく感じがしてツラい。

こうなるとそのうちただのストレス源って感じなってしまって消去してしまうかもなぁ…。

 

ノルマになってしまうと娯楽でなくなってしまう。やはりため込むのはいかんですね。

- | 20:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
のび太の宝島ー

長男と映画ドラえもん「のび太の宝島」観てきました。

 

ネタバレとかはしませんです。

普通の映画だったらね、これから観る人もいらっしゃるので

そういう方に先入観を欠片も抱かせないように何も言わないのですが、

まぁドラえもんなら…とか思ったりはしますね。

 

俺のブログをチラ見に来る人がドラ映画なんぞを楽しみにしてて、

俺のブログなんぞ見て

「ああーーこれから観に行くのに余計なこと書くなよな、この耳毛とか白髪とか気にし始めたクソデブが」

なんて思う人はそういないとは思いますが。とりあえず程々にしておこうかと。

 

あ、そういう人はもう読まないでいただいて…。

 

 

 

色々と穴や説明不足とか気になる所もありましたが、

今回のドラ映画は俺採点だと結構ポイント高めです。

 

昨年の南極カチコチが「ええぇぇぇー…、宇宙英雄記や奇跡の島よりはマシかもだけど…」くらいな評価だったので

あまり期待せず観に行ったんですが

俺はポイント高いです。

 

 

これ以上は言わんですが。

 

 

しかしホント、うちの息子はもう中一なのにいつまで俺と

ドラえもん観に行くんだろうか。

俺はドラ映画を劇場に観に行ったのって小6が最後で、それも小4くらいからは一人でバス乗って

劇場行って一人で見てたけども。

 

まぁしかしこれで息子が「もう父さんとドラえもんは…いいかな」とか言い始めたら

それはそれで寂しい気持ちになるという、親というのはそういう生き物な感じしますね。

 

- | 19:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.