漫画家風の人のブログ

漫画描き十神真の日々 禁煙9年目…かな
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
朝からロキソニン

朝から頭痛。二日酔いとかでなく。

寝起きとか朝食時は平気だったのに10時ぐらいにいきなり頭痛。

先日歯医者で抜歯した時にいくつかロキソニンもらってたのでそちらを消費。

 

昨夜はテレビでシンゴジラやってましたね。見てませんでしたが。

ツイッターとかで、きっと否定と肯定のツイートであふれるのではとネットは見ませんでした。

 

なんか最近ねぇ…「自分が納得しない物を必死になって落とそうとする人」がツラいんですよ。見てて。

 

まぁ昔の自分を見てるようだってのもあるんでしょうけど、なんか物凄い無駄を見てる感じが…。

そこには「多くの人が大好きって言うモノに納得できない自分」を正当化しようという目的しかないので、基本的に

建設的。。。とういか、ためになるような意見はないんですよ。

 

アマゾンとかのレビューを見ててもね、「あ、この人、他のレビューにもなんか食らいついて否定しとったなぁ」って人とか

おったりすると、なんつーか溜め息でる感じですね。

 

「俺には面白くなかった。世間は面白いって言ってる奴多い。なんかやだ。」ってモノがグルグル渦巻いてるだけで。

不安で不安でしょうがないんでしょうね。主流から逸脱してる自分の感性に。

 

まぁ気持ちはわからんでもないっすわ。俺自身そういうトコありましたし。昔のブログなんてそんなんばかりかもしれんけども。

 

でもわざわざ楽しんでる人に噛みつくのもね。その噛みつきが面白になってればまだいいんだけど、

特に読んでも面白くないとねぇ…。

 

2ちゃんねる、今は5ちゃんねるですか。

あそこは人の悪意がモロに出たりもするんですが、面白く読ます人とか面白く茶化す人もおったりで

まだスレが面白くなったりもするんですが、

なんですかね、ツイッターとか、ヤフートピックスとか色々と見るとただ悪意とか、自己肯定のための他人否定とかが

そのまま垂れ流されてたりする場合がありまして。

ある意味では5ちゃんよりしんどい瞬間があるんですよね。

「何言ってんだこいつ?」って気持ちになる率が結構高いというか。

精神衛生上見たくない度合としては匿名掲示板をしのぐ面があるかなーって。

 

 

まぁそんな感じですね。

頭痛のせいか、体調不良のせいか、どうもそういうネットで被る精神的な疲れに過敏なってる感じかなぁ…。

今日は絶対シナリオまとめたいので何とか心も体も平穏にありたい。

- | 11:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
気が付くと一週間

 

気づくと一週間とか過ぎてますね。

 

年寄りは時間が早く流れていけません。

 

 

さてさて、ネームしながらネタ探しに読書したり、画像を見ながら絵を描いたりしておるワケですね。

 

私はまともな絵の勉強は、高校生の美術部で球や正方体や粗削りなアグリッパの適当なデッサンをやったのみですので、

人間のデッサンと言うのはなかなか新鮮ですね。

っつーか、漫画家目指してるのに、人間の体描き始めたのが大学の投稿時代なんだから、遅いったらないですね。

 

まぁしかし遅くてもなんでも、レベルが上がってくれればそれでいいですわ。頑張りまーす。

 

 

 

今日は四コマの原稿を仕上げて送付。

 

後はネームに悩んだだけけの一日。

キャラがしっかり決まれば一発でいけそうな感じですが。

もう少し時間かかりそ。

- | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今さらでも

今日はロトナンガールの四コマ作業して送付。

 

他は、少し絵を描いていたり。

ネットで拾った画像を見つつ、なんつーんでしょ、デッサンと言うのかクロッキーと言うのか

適当にさっさかと描いてみたり。↓はその一部。

今年の初め、スケジュール管理に使おうと思って買った手帳があったんですが、

ろくろく開かぬまま11月まで来てしまい、あまってるページがメチャクチャあって勿体ないなーと思いまして。

今更ながら「人を見て描く」のをやって、少しでも人体の把握というか、画力が向上せんもんかなと。

今回これで10pくらい消費しましたが、まだまだ手帳に60pとか70pくらいはありそうで、

全部埋めるくらい絵の練習したら少しはうまくなるかしら。

 

 

 

さてさて、木曜に打ち合わせに行ってまいりました。

次の作品の動きですが、

「これ絶対面白くなる。」って感じで気合入れて書いたネタはスルーで

明け方、布団の中でまどろみながら適当に考えたネタにGoサイン出ました。

 

大体こんなですね。大体。

 

昔スピンの連載する時もこれでしたからね。打ち合わせ当日に、まとめたいくつかのネタだけじゃ寂しいかもしれんと

朝布団の中で思いついたネタをA4用紙にまとめて打ち合わせ行ったら、「これでいきましょう」だった。

 

今回も、連載につながるといいなー。

- | 21:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
頭の中ぐるぐる

グルグルと色々な考えがあっちに飛んではこっちに飛んで…という

感じでネタを考えております。

 

1つはもう既にやりたくて頭の中でポンポンといくつかのシーンが思いついてたもので。

 

でもそれ以外にもやはり何本かネタを提示したくて、頭をひねっておったのでした。

 

 

そして今日気づいたりして。

頭ひねって出てくるものって…面白いかなぁと。

 

まずこの時点がボクが面白がってないとダメなんですね。

 

 

まずはリラックスして昔楽しかったこととか色々と

思い出してみようかと思いますわ。

 

そして明日はネタをまとめて、色々描く日。

 

できなかったらしょうがない。少なくとも一本は面白がって考えたものが

あるのでいいだろう。

- | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ここ数日でのアレ

とりあえず昨日は遅れながらも四コマ作業をしとりました、その証拠画像がこちらでございます。

始まった時と顔とか色々変化してしまってる感じ。絵柄安定しねぇなぁ…。

 

先日まで長々やってた読切原稿は26日に渡しに…

結局なんだかんだ時間かけてやってたくせに最後はヒーヒーのフラフラで睡眠削る有様。

全く情けないったら…。

帰ってバタンキューな感じでございました。

 

でもせっかく神保町まで来たから古本屋へ。

藤子不二雄ファンなら知っている藤子ファンサークルマガジン「Neo Utopia」を委託販売してるお店が神保町にあって、そちらへ。

 

藤子F先生のチーフアシをしつつ、コロコロコミックでプラコン大作を描いてた、たかや健二先生の

追悼記事のあるヤツとかを。

 

僕らの世代で藤子ファンの人は、ドラえもんにしてもコロコロにしても

たかや先生の絵は絶対どこかで見ているのです。それもかなり見ているわけです。

マンガ人生を振り返ると影響を貰った人の中にたかや健二先生も間違いなくおるワケで。

藤子スタジオのチーフと言うのは僕にとっては相当偉大な人であるわけです。

同じく藤子スタジオチーフで、コロコロでアカンべーや、まんがのかき方全百科を描かれた方倉陽二先生も

俺の中ではとても大切で重要な思い出の作家さんです。

 

たかや先生がずいぶん前からNeo Utopiaで藤子スタジオの回顧漫画を描いてたことも知ってたのですが

Neo Utopiaは藤子ファンのサークルマガジンで、購入や入会にはEメールでのやりとりが必要で、メールとか電話の苦手なあたしは

なかなか注文に踏み切れずおったんですね。

そして昨年10月にたかや先生は亡くなられて、Neo Utopiaで追悼特集が載ったっつーので読みたいと思いつつ時間ばかり

経ってしまったわけです。

で、委託書店をのぞいてようやっと買ったって感じで。

 

たかや先生も片倉先生も早くに亡くなってしまったなぁ…とやはり寂しいですね。

藤子・F・不二雄先生もだが、業界に入ったら挨拶はできないまでもいつか生で見たいと思ってた人たちでしたので、残念。

藤子不二雄A先生は挨拶して握手までしてもらったので、これはもうホント一生ものの思い出ですが

やはりF先生たちが早くに亡くなったのは残念。とても。

 

 

次の木曜にまた打ち合わせに行く予定でございます。

ここ数年読切ばかりやってきましたが、ちょっと変化をつけた感じのことをやろうという打ち合わせなので

何とか頑張りたいと思いますです。とりあえず木曜まではネタ出し作業。

 

 

 

 

まったく漫画家と言えない私ではありますが、漫画家っぽい紹介をされた本が出ておりました。すっかり告知し忘れておりました。

今年の夏にマール社さんから出版されました「クリエイターのハローワーク」なる本。

こちらは絵本作家ですとか、アニメーター、刀鍛冶やら陶芸家やら家具職人やらといった

クリエイター系の職業の人が、どうやってなったのかとかどんな資格がいるか…とか、

そういうインタビューやらデータやらの本でして。

その「漫画家」の例として、なぜか私が載っておりますw

ボクの語った相当ツラい話はカットされた感じで。あまりに夢がなさすぎると困りますからね。ええ。

 

クリエイター系の仕事につきたいが、どう目指すかわからねぇって人に向けた本でございます。

そんな人にはぜひこちらの「クリエイターのハローワーク」をって感じで、よろしくお願い致します。

- | 10:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
仕上げでバタバタとしとります

仕上げ作業でバタバタしとります。

 

録画しといたアニメを少し垂れ流したりしてますが、

「いぬやしき」の二話目とか

「クジラの子らは〜」の三話目とかが

物凄いキツクて精神削られましたわ。がっつりとえぐられた感じ。

 

たまたま見たこの二本のアニメがなんつーか胸糞悪い展開だったせいで

他のアニメを見る気がだんだんなくなってきとりますね。

 

 

 

 

もう、楽しいモノだけ 見ていたい。

 

 

 

 

 

- | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
そろそろ年賀状とか考えないといかんね

気が付けば10月半ば…そろそろ

年賀状やら忘年会やらが頭をよぎる季節になってまいりました。

 

今回は背景がフリーハンドで描くものばかりで楽なような大変なような…。

 

アニメの二話目がたまってまいりました。

ここが視聴継続の分かれ目ですね。

ちょっと二話目の冒頭見て、「もういいかなぁ、これは」と思ったらもう切ってしまうので。

 

 

 

左下の奥歯がもうグラグラでどうしたもんかって感じです。

 

むかし下あごの親不知が両方横向きに生え、長時間押されていたことで親知らずが両奥歯の支えになっておったのです。

そして親不知を抜いたら奥歯は支えを失いグラついて、右奥歯は数年前に抜け

左奥歯は今回抜けそうになっとるわけです。

 

正直右奥歯が抜けた時は軽くショックでしたねぇ。80歳までに歯を何本残しましょーみたいなCM見てたりすると

40歳までに一本抜けてしまいましたが…って感じで。ガックリしましたわ。

 

でも意外に一本奥歯抜けた所で不便一切なかったんですよねぇ…

なので、今回の左奥歯も、早いとこ抜けるなら抜けてくれた方がって感じですわ。

それぞれ奥歯一本ずつなくなってもどうにでもなりますよ、ええ。

 

10年前に親知らずを抜いた時に歯医者さんに「支えを失った奥歯がこのまま使えるかはわからない」的な話されましたわ。

グラつきがひどくなって抜けるかもしれないし、歯肉が頑張って奥歯を支えて使えるようになるかもしれんと。

あれから10年もったんだから十分頑張ってくれましたわ、奥歯。

 

抜けるのを待つより歯医者さんに「ぐらつき酷いから抜いてくれ」って行った方がいいかなぁ…。

ちょいと悩んでおります。

- | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
見事に体調を

寒暖の差で見事に体調を壊しましたわ。昨日ですが。

 

昨日は朝から「ろ、ロキソニンを早く」ってレベルの頭痛で目覚めて、結局薬飲んで

一日の半分は寝てる感じで…。

金曜に送るはずだったロトナンガールを頑張ってやった次第でした。

さてまた少しアニメ見ました。

 

「Dies irae」

こないだのが0話だったようなので、1話をあらためて…。

なんかゲームやってるのを眺めてるみたいなアニメだなーと思ったら

元はやはりゲームなんですね。

とりあえずそのまま見続けてみようかなぁと。

 

「つうかあ」

サイドカーレースとはまた変わった所を扱ってますね。

どうなるかわからんですけど、二話目以降も見ようかと。

「そんなの乗って出かけちゃうのかよ」って感じをアニメで感じたのは

クリーミーマミの優がローラースケートとなんか動力のついた何かで

ブイーンと走り出した時以来ですね。

 

「ネト充〜

まだわからんですね。これは。

 

「Evil or Life」

厳しいですね。

なんか…素人の漫画投稿作みたいな雰囲気がある…というのがどれほど通じる表現かわからんですが

なんだかよくある素材を組み合わせたけど、その素材を使いこなせてなくて、本来そんなことしそうにないキャラに

変な反応させてキャラや世界観をちょっとずつ崩しちゃっていくような感じ…というか。

キャラや世界観を統一させるためには「思いついちゃったちょっとした小ネタ」がそれを崩しかねない場合

当然やってはいかんのですが、素人さんとか新人漫画家とかは次にそのネタをねじ込むチャンスが少ない分

貧乏性も働いて、入れてしまって、世界観やキャラやテンポを潰してしまうことが多いのですが(ボクもそうで、今もそうかも)

そういういろんなミスがありますね。

まぁなんか物知り顔でフフと意味ありげに笑うキャラにちょっとしたギャグ反応させたことが個人的に嫌だっただけで。

それにしても主人公も愛せる部分ないし、周囲のキャラもなんか厳しいのばかりで。全体的にヤバい感じしました。

まぁ大陸向けのアニメのようなので、日本人とは感じ方とかも違うと思うので、これはこれで

あちらには正義で面白いのかもしれない。

 

 

「いぬやしき」

老け顔にもほどがありますが、まぁそこはそれ。

今後どうなりますやら。

あのホームレス狩りしてたガキどもは全員に死に近い目に合わせてほしかったかなぁ。

社会的な立場的には死んだ感じで、あれはあれで良かったかもですが。

 

「しょびっち

地上波録画し忘れてた。BS11での放送に間に合って良かったどす。

こういう変な女の子が出るのがやはり好きですね。

まぁ時代はこういう変な奇抜な女子を主人公に据えてドタバタが基本な時代ですね。

俺に向いてるはずなんだけどなぁ…今の時代。

あ、とりあえず結構好きな感じなので継続視聴で。

「はじめてのギャル」みたいにテンポが俺には厳しい…となったら見なくなるかも。

- | 10:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
原稿やりつつまたアニメ

チラチラとアニメばかり流しておりまうす。

 

とりあえず見たアニメ。

 

 

 

「グラマラスヒーローズ」

うーん…なんというか声優初めての方とかいらっしゃる感じがキツイ。

内容もよくわかんなかったですね。っつーか頭に入ってこなかった…。

 

 

「Dies irae

なんだかこれもよくわからんかったですね。0話ってことらしいですが

なんか将校みたいな人が部下っぽい女性二人を殴るトコが

二回とも同じ感じでなんか笑ってしまいました

 

「キノの旅」

私昔のキノのアニメとか小説とか見てないので、これが初見だったんですが、こういう話だったんですねぇ。

銀河鉄道999方式なんですね。

メーテルの代わりにバイク版のナイトライダーと一緒に先々でいろんな世界が待ってる感じでしょうか。

キノさんがなんか謎ーな感じの人で、見てるこっちはホントただ観察してる感じ。

 

「牙狼」

大変わかりやすいお話でしたが…。見続けるかはわからんですね。化け物みたいなのと

バイクで追いかけっこしてるところは…なんだかよくわからんというか…

疾走感が出てるんだか出てないんだか…見づらかったです。

 

「王様ゲーム」

なんかイライラする展開でしたねぇ…主人公に。

見続けるかは微妙な感じですね。とりあえず予約は解除してませんが。

今後もイライラするようなら見ませんねぇ。

 

「宝石の国」

よくわからんかった…。

っというか、仕事しながら聞いたり見たりだとワケわからんということで。

またあらためて一話目見たいと思ってます。世界観は不思議で好印象。

 

「魔法使いの嫁」

まだわからんですね。主人公が女子なんで感情移入できるかどうか…

 

 

「ブレンド・S」

ちょっとまだわからんですね。

萌え四コマ系のアニメは割と途中で見るのがキツクなってやめちゃうパターンが多いですが

これは一話目がすんなり見れたので、意外に見続けられそう。

あの男性キャラ二人が必要かどうかはわからんですが、ふわふわ女子ばかりでホエホエーってなってると

心がしなびてくるタイプなのでまぁありかなぁと。

 

 

「アニメガタリズ

なんだかまだわからんですが、夏アニメのゲーマーズに近い雰囲気でしょうか。

オタクがワイワイやってる様子に自分が耐えられればいいんですが無理かもしれません。

あーゆーのは別に同族嫌悪ではないんですが、客観的にオタクがワイワイやってる様を見せられると

なんかやはり心がしんなりしてくるんです

 

「妹さえいればいい

なんか作画レベルが最初微妙かなと思いましたが、まぁ見れます。

やけに下ネタな女子がいて、あの子は割と好きですね。

ただなんか多少マジな雰囲気もあって、完全にギャグのまま行く感じでもないので…。

原作未読なのでわからんですが、鬱展開とかないといいなーって思います。

 

「クジラの子らは砂上に歌う

まだわからん。

世界観は面白いが…。これ1クールでどんな決着つけるんだろ。原作はたぶんまだ続いてると思うし…。

 

「コード リアライズ

イイ男いっぱいアニメですね。

ボクは対象外。でも一話目は途中で嫌になることもなく見れたので…まぁ二話目以降に判断。

なんか冒頭のメインヒロインのトコにきた軍人たちがアホすぎて、えーって感じで。

うかつにヒロインに近寄る部下もバカだし、止められない上司もバカだし。。。

あれは見ててイラつきましたねぇ。

 

「おにゃんこポン」

うーん…なんだかわからんですね…

 

 

まだまだアニメありますね。

今期はどれくらい完走できるやら…。

感想とか書けば書くほど、アニメ向いてないんじゃない?って感じがしてきますわ。

 

 

- | 17:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.